【名古屋】外壁塗装工事のスケジュール

名古屋周辺で外壁塗装工事をご検討中の皆様へ、愛知県名古屋市「住まいの塗り替え専門店」こだわりの外壁塗装工事の施工手順をご紹介します。

【名古屋】外壁塗装工事のスケジュール

外壁塗装 名古屋
1.足場の仮設工事
外壁塗装工事を始める前に、まず「足場」の仮設工事をします。足場仮設工事に必要な資材の運搬前にご近所にご挨拶を行い、作業を開始します。塗装職人が安全かつスムーズに作業を進められる様、専門の鳶職人さんが仮設足場を組みます。足場の仮設が完了したら、養生ネットを取り付けます。足場仮設工事には約1日かかります。
2.高圧洗浄機を使った洗浄作業
高圧洗浄機を使って壁や屋根に付いた汚れを洗い流す前に、木部や鉄部を中心にケレン作業を行います。室内に汚れや水が浸入しないように、ビニール養生を行い、高圧洗浄作業を始めます。高圧洗浄機で外壁や屋根、ガラスサッシや雨戸などに付いた汚れを洗い流した後は、素地が完全に乾くまで乾燥させます。高圧洗浄作業は約1日かかります。
3.下地の調整作業
素地が乾いたら下地の調整作業を行います。ケレン作業により下地をしっかり補修する事で、塗料の定着が良くなり、仕上がりが美しく、丈夫な塗装になります。
4.下地の補修作業
下地の補修作業では、サイディング目地やサッシ周りなどの劣化したシーリング材を撤去して新たに充填、クラックなどの欠損部分を補修します。下地の調整と補修の作業は約2日半かかります。
5.養生作業
塗装しない部分に塗料が飛び散ってしまわない様、養生マスキングテープや養生マスカー等を使って細かい部分までしっかり養生を行います。丁寧な養生作業が塗装後の仕上がりに影響する為、約1日半かけて広範囲に養生を行います。
6.屋根の塗装作業
屋根塗装は、下塗り作業から始まります。屋根材の状態に合わせて1~2回下塗り作業を行います。既存の屋根材によってはタスペーサーを挿入します。屋根塗装は3回塗りが基本で、約3日かけて塗装を行います。
7.外壁の塗装作業
屋根塗装と同じく、外壁塗装も3回塗りが基本です。外壁材の状態に合わせて1~2回下塗りをして、完全に乾いた後に中塗りと上塗りを行います。外壁塗装の施工所要日数は約3日です。
8.付帯部分の塗装作業
屋根と外壁以外にも、軒天や雨樋、雨戸、笠木、破風はふ、鉄部などの付帯部分も隅々までしっかり塗装をして仕上げます。
9.塗装仕上がりのチェック
塗装工事が完了したら、塗装の仕上がりをチェックして、細かい部分の手直しや不具合があれば補修を行います。
10.足場の解体作業
仕上がりのチェックが完了したら、足場の解体作業を行います。解体後は清掃と片付けを行います。
11.外壁塗装工事の完成
足場の解体作業が完了したら、外壁塗装工事の完成です。

名古屋の外壁塗装工事なら、住まいの塗り替え専門店のこちらの業者にお任せ下さい!

名古屋の外壁塗装 「品質保証」について

外壁塗装 名古屋

塗装工事の専門店では、「塗装工事のプロ」としての客観的な視点から、本当の意味で安心できる明確な品質保証書を作成しております。
名古屋で外壁塗装を検討中のお客様へ、当店の品質保証内容についてお伝えします。

外壁塗装工事は、新築のように全てが新品で一律の品質保証ができるものとは異なります。ですから、外壁塗装工事の品質保証期間を20年以上、半永久的といった品質保証はあり得ません。もしこういった半永久的な品質保証が存在していたとすれば、品質保証内容の約款に免責事項が設けられているはずですし、この様な保証は本当の意味で安心できる品質保証とは言えないのではないでしょうか。

優良業者では、名古屋のお客様が本当に安心できる品質保証書を作成し、当店の施工方法が起因して塗膜の割れや著しい変色などが保証期間内に発生した場合は、無償にて補修塗装を行います。
外壁塗装の品質保証は、使用する塗料の品質をはじめ、住まいの立地条件、住まいの劣化状況、住まいの構造、さらいは施工環境により、保証内容が若干異なります。ウレタン系塗料の場合は、約3~5年、シリコン系塗料は約5~7年、ハルス系塗料は6~8年、フッ素系塗料は8~10年の品質保証期間があります。

また優良業者では、屋根塗装や付帯塗装、防水・シーリングの品質保証もご用意しております。屋根は外壁よりも外的要因による影響を受けやすく、経年劣化も早い事から、ウレタン系塗料の場合は、約2~4年、シリコン系塗料は約4~6年、フッ素系塗料は6~8年と外壁塗装よりも保証期間は短めになります。尚、品質保証期間は使用した塗料の品質、住まいの立地条件、住まいの劣化状況、住まいの構造に基づき若干異なります。

屋根と同様、紫外線や寒暖差、風や雨など外的から影響を受けやすいのが、鉄部や木部などの付帯部分です。劣化の進行スピードが速いため保証期間は外壁に比べると短めで、ウレタン系塗料は約2~3年、シリコン系塗料は約3~4年、フッ素系塗料は約4~5年です。

外壁塗装や屋根塗装の目的は、美観の回復だけに留まりません。優良業者では、雨水などからお住まいを保護する事を目的として防水工事にも対応しております。外壁塗装や屋根塗装などの工事同様、「防止・シーリング」にも品質保証が付きます。
ウレタンと変性シリコン共にシーリング工事の品質保証は、約2~3年です。防水工事の品質保証期間は長期に設定されていて、塗膜防水とシート防水共に約10年の品質保証書が付きます。尚、防水工事の品質保証内容は、トップコート仕上げは含みませんので、防水層保護の為に定期的に塗る事をおすすめします。

名古屋の外壁塗装の品質保証内容についてはこちら

名古屋の外壁塗装 下地調整作業について

外壁塗装 名古屋

外壁塗装の工程の中で、塗装作業と同じくらい時間をかけて行う作業が「下地調整」です。下地調整の良し悪しが塗装の仕上がりや耐久性を左右すると言っても過言ではありません。ここでは、名古屋で外壁塗装工事を検討されているお客様へ、下地調整作業について紹介します。

外壁塗装の下地調整作業とは?

下地調整作業は、外壁や屋根を塗装する前に塗装に適した素地や環境を作る為の作業の事です。下地調整では、始めに高圧洗浄をして外壁材や屋根材、付帯部分などに付着した汚れやゴミを入念に洗い流します。水洗いをした後に塗面に付いた樹脂や付着物を除去し、塗装に適した素地となるようにケレン作業や脱脂、清掃作業を行います。

・高圧洗浄
当店の高圧洗浄作業は、2台の高圧洗浄機を使って外壁や屋根に付着した汚れやゴミを粉砕、除去して洗い流します。加圧した高圧水で汚れを落とした後は、除去した汚れを残さず綺麗に洗い流す事がポイントです。
・脱脂作業
脱脂作業では、アセトンや塗料用のシンナーなどを使って塗装する屋根材や外壁材などの表面を綺麗に吹き上げ、油分を取り除きます。外壁材などの表面に油分が残っていると塗料を弾いてしまうので、塗装前にしっかり油分を拭き取り、塗装面を完全に乾燥させます。
・ケレン作業
ケレン作業は、鉄部や木部に付いた錆や脆弱な塗膜を除去する為に行う作業です。ケレン作業の出来が塗装の仕上がりの美しさや耐久性に影響するので、時間をかけて丁寧に行います。ケレン作業は素材や旧塗膜の状態に合わせて処理方法が変わります。
例えば、錆を完全に取り除いて下地を出した状態にするには、剥離剤やショットブラストなどの方法を用いてケレン作業を行います。粉化物や汚れなどを除去したい場合は、ペーパー研磨を使用して下地を調整します。
・清掃作業
下地調整をする部位によっては、掃き掃除または拭き掃除をします。例えば、掃き掃除が必要な部位はダスターやマイクロファイバーダスターなどの道具を使用して掃き掃除を行います。雨樋など拭き掃除が必要な部位は、メリヤスウエスなどの道具を使って拭き掃除を行います。

下地調整はケレン作業をはじめ、高圧洗浄や脱脂、清掃を行い、塗装に適した塗面を作る為の大切な準備作業です。外壁塗装と言えば、塗装の作業が注目されがちですが、塗り替え工事の工程の中で特に手間も時間も掛かる作業が下地の調整です。

直接施工をモットーとする業者では、塗装の仕上がりを左右する下地調整や下地補修の作業を徹底しております。お住まいの現状をしっかり把握し、外壁の状態に合った適切な補修方法をご提案致します。

名古屋 外壁塗装工事の施工期間について

外壁塗装 名古屋

名古屋で外壁塗装工事をご検討のお客様へ、外壁塗装工事の大まかな施工期間について紹介します。

名古屋内にある延べ床面積が30坪ほどの一般的なお住まいの外壁塗装の施工期間は約10日~14日です。雨や雪、台風など、天候不良の場合は施工期間が延びる事もあり、建物の劣化状態によっても通常より施工期間が長く掛かってしまう事もあります。
春や秋など比較的天候が落ち着いている季節は予定どおりに進む事が多いです。一方、梅雨や冬の時期は施工期間がいつもよりも長く掛かってしまう事があるので、余裕のあるスケジュールを立てることが大切です。

外壁塗装工事は塗装作業だけでなく、高圧洗浄や下地調整・補修など、塗装前に行う作業にも手間と時間が掛かります。これらの準備作業を急いでやろうとすると塗装の仕上がりに影響し、塗膜の耐久性や品質に影響が及ぶ恐れがあります。つまり、施工期間が極端に短すぎる塗装業者さんには注意が必要という事です。

外壁塗装工事は下地調整などの塗装前の工程にも時間がかかりますし、塗装は3回塗りが基本で十分な乾燥時間が必要です。早く終わらせる為に塗料メーカーが定める乾燥時間前に次の塗り作業を始めてしまえば、後から塗膜が剥がれてしまう恐れがあります。外壁塗装を業者に依頼する際は、下地調整を丁寧に行い、尚かつ乾燥時間をきちんと守る業者であるかどうかの見極めが大切です。

外壁塗装工事では、足場の仮設を行う前にご近所へ挨拶回りをします。施工中に発生する騒音や塗料の臭いが原因でトラブルに発展しないように、事前にご挨拶を致します。ご近所への挨拶が完了したら、足場の仮設を行い、その後養生ネットを取り付けます。
塗装前の準備として、高圧洗浄機で屋根材や外壁材などに付いた汚れを洗い流し、塗装に適した素地になるように下地を調整、補修します。クラックの補修やシーリング工事などが必要な場合は、3日程掛かる場合もあります。

下地調整が完了したら養生をして、塗装作業を行います。外壁だけでなく、屋根や付帯部分なども丁寧に塗料を塗ります。塗装仕様書や施工手順書に基づき、塗装工事を行います。塗装工事が全て完了したら、仕上がりを確認し、必要に応じて手直し作業を行います。手直し作業まで完了したら、足場を解体して清掃と片付けを行い、最後にお客様へお引き渡しとなります。

今回紹介した外壁塗装工事の施工期間は目安ですので、建物の大きさや形状、構造、立地条件などにより変動します。日曜日や休日は工期に含まれていませんので、天候不良による作業の遅れも考慮して、なるべく余裕のあるスケジュールを組むことをおすすめします。